2015年05月04日

6年生カップ戦

みなさんこんばんは。KNです。

今日は、標記カテゴリーを見ることが出来ました。

GWも早いもので終盤を迎えようとしています。が、6年生は非常にいいですねえ。私自身平日Trはがっつり見れているのですが、実戦のゲームは久しぶりです。現在は中学生が選手権予選で厳しい戦いを選手たちと過ごしているものですから。。。とはいえ6年生も全日リーグをはじめライフカップも同時進行されますので見れるうちにチームを固めておく必要があります。そういう意味では今日明日と濃密な時間を過ごし質の高いサッカーを目指そうと思います。

今日も非常に質の高い相手が参戦してくれました。大きい、速い というチーム。しかし、サッカーは体格でやるスポーツではなく(この年代で体格が大きいということは非常に有利ですが)スキル、判断、によっていくらでもそれらを凌駕することは可能です。現に今日は、素早いポゼッションと抜群の寄せの速さにより、私の中では合格点の出来でした。ただし、DFラインが判断を誤り、はっきり言って考えられないミスで失点しましたが。。。
ただ、次のゲームではしっかり修正させることが出来ましたので今日も一歩前進かな???と思います。

今日の最大のテーマは、先ほどにも述べました@DFラインの構築、及び状況によるリスクマネジメント。Aロングキックの効用です。少し保護者の皆様には難しいですが、かいつまんで説明しましょうか。
まずは@ですが、8人制サッカーははっきりいって守備の意識がないと絶対にいいゲームが出来ません。そういった意味で、特に相手に攻め込まれているときどのような方法での対処があるのか?ということなのです。数的有利になり自陣でボールを動かし脱出する。攻め込まれている時間が少し長い場合には、センターラインからダイレクトによってTOPをめざし、リスク回避する、と同時に回避したボールもチャンスに変えてしまう。(ただ逃げる為だけのロングキックは何の成長もしません)というようなことです。
Aですが、ポゼッションを取り相手にたくさん動いてもらい空いたスペースを果敢にチャレンジする。そしてGOALを目指す。これ最高の理想像です。しかし、力のあるチームと対峙した時は、それだけでは絶対に崩せません。ようは同じリズムでサッカーをやってしまうと、Γ慣れられる」ということになってしまい、カウンターなどの餌食になってしまいます。そこでポゼッションを交えながら変化を入れるために裏のボールを利用するということです。

現在、6年生が次のステップに移行しているのは上記のようなことなんです。非常に難しく頭もフル回転させなくてはなりません。このような事柄を自己判断でばっちりやれるようになれば、ジュニアでの知識はひと段落ついてもいいでしょう。頑張っていこうよ。

ただ、今日はびっくりしましたがそれらの変化をつけるという点では意外とできてたんですよね。少しびっくりしました。なので非常に攻守ともに迫力があり、戦え、フィットしていました。総合すると素晴らし1日でした。これ以上のことを明日も目指しますが、さあどうでしょうか??明日はまたカップ戦ですが、5年生からも4人昇格させます。そして2チームつくり完全に前半と後半にメンバーを分けて戦わせます。これがどのような意味を持つかよくわかると思いますが、まだまだ自チームでの競争です。最後の最後までやり切ろう。そして全員でビクトリーを目指しましょう。

今日もたくさんの保護者の皆様、送迎応援及びテント設営ありがとうございました。日々成長していますよ。この6年生必ずやりますよ。今以上の応援宜しくお願いいたします。

FROM KN


posted by KN at 20:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。