2015年03月09日

トップチームVS常翔学園高校

みなさんおはようございます。KNです。

さて1週間後にリーグ開幕を控えているトップチームは昨日常翔学園高校さんとのゲームに行ってきました。

30分×5本をさせていただきましたが、1st,2ndのメンバー構成もあり開幕に向けての最終メンバーチョイスの場でもありました。今までもよくこのブログでも行ってきましたが、今年のTOPチームはここまではとことん怪我などに泣かされてきました。プレリーグもそう。メンバーが揃っていれば本当に面白いサッカーをします。昨日がまさしくその通りでした。高校生相手でしたが、色んなシーンで数的有利に立ちボディーコンタクトを避けバイタル〜ペナに侵入。そしてドリブル突破やポストプレー、横に剥がしてのショートスルーパス、攻撃のアイデアがてんこ盛りでした。DF〜MFの距離間もよく走られると高校生の速さにやられてしまいますので素早い寄せで対応できていましたよ。ただ失点のシーンでは、まあ中学生レベルではないようなキックでサイドを変えられ得点に結びついてしまいました。DF陣はまさかこの位置で裏を取られるとは。。。と思ったことでしょう。まあいい勉強でした。

先ほどにも述べてますが、リーグがもうそこまで迫ってきました。今年の学年はとにかく怪我人が多く、実は今年に入って通年のTR方法とは少し変えています。出来るだけ疲れを残さない、けれども心拍数はきっちり高めるTRへシフトさせています。(今までのOBだとこの時期はTRによって体が一回り大きくなっているのですが、TRを変えているので少し小ぶりだと思います。しかし、その反面この2か月くらいのTRの成果かもしれませんが、ここ直近3試合は選手全員素晴らしいコンディションで戦えています。最高のコンディションで戦えるとこの学年今までも幾度となく言ってきましたが、ジュニアからのサッカーはボランチ歴代最高のサッカーを奏でます。本当にボールがよく動くし、バイタル付近の攻撃力は破壊力抜群です。

とにかくこの学年をいかにして最大の長所を引っ張り出せるか?ということにかかっていますので今年に限ってはこの調整法で行こうと思っていますよ。ただし、最後に付け加えるなら高校サッカーにチャレンジする場合はこのコンディションではダメです。もう一回り体を太くしなくてはいけません。今の3年生を見てたらわかるでしょう。彼らは現在でも十分高校仕様の体格に育ってくれました。なので今年のTOPチームはこのリーグが終了後、約2か月は鬼のように追い込み体作りをしなけらばなりません。

選手たちもこれだけたくさん高校生とゲームをさせていますので身をもって実感してるとは思いますが。。。まあとにかく彼らも早いもんで最終学年へと入っていきます。全員で力を合わせて頑張っていこう

FROM KN


posted by KN at 08:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。