2015年04月10日

代表日記。。春休みを経て。。。

みなさん長らくのご無沙汰です。KNです。お元気にされていたでしょうか?

春休みシリーズはようやく終了し、またこの時期は、チーム登録、選手登録、大会登録、保険登録、といった風に事務仕事に忙殺されていました。よって春休みの活動に関してはFacebookでのご報告、ご案内でご勘弁願っていました。しかし、ここへきてそれらの呪縛にも解き放たれ一気に開放感にも包まれ選手育成に更なる邁進しているところです。

さて、この春休みシリーズは、ジュニアユースはもちろんですが、ジュニアの選手たちも相当な成長がうかがい知れました。特に、6年生。現U-13がジュニア現役のころなんかは、まさしく技術的にも精神的にもおんぶにだっこのところが多々あったので、さてどうかなとみていたのですが、それらの心配は杞憂に終わりました。サッカーの質に関しては、現U-13にも勝るとも劣らないパフォーマンスを発揮しています。(やはり、1年間の合同Trは、だてではなかったということですね。まずゲーム内での判断が格段に上がったこと、ボランチ大阪の代名詞ともいえるコンパクトサッカーへの理解力が素晴らしいこと、また対人、球際の強さのレベルが上がったことなどが挙げられます。確かに、現U-13のチームの時とは違うのは、スーパーな選手は存在しません。しかし、全員が足を止めることなくハードワーク出来るチームへと仕上がりました。関小のころのチームとはまさしく180度変化しました)
今のチーム力だったらどこのチームにも面白いサッカーをすると思いますねえ。しかし、まだまだ油断は禁物。これからが本番だし、今以上の質を求めます。頑張ってほしいところです。

次に、新5年生。今週火曜日からようやくジュニアTOpチームのTRに参加しています。多分、TRでの緊張感、規律、激しさ、頭を使う、技術、フィジカル、、、色んな部分での驚きと緊張感にびっくりしているところでしょう。今までの数々のOBたちもみんなこの道を通っています。しっかり成長できるために戦ってほしいと思いますね。もちろんサッカーがOFFの時のマナーや生活態度にも注意をされます。サッカーだけではなくこれらすべてクリアー出来て本当のボランチサッカーが出来るようになったと初めて言えますよ。彼らは、2〜3か月後には、はっきり言えることは、必ず戦う集団になっていますし、顔付が一段と凛々しく変化しています。期待しておいてくださいね

次に、3〜4年生。この年代はいつもの通り、今はしっかりサッカーの経験値をあげましょう。そして地道ではありますが、基礎的なスキルをしっかり身につけておきましょうね。早い話ですが、5年生になったら上記に述べているような世界に入っていきます。今はそのための準備です。ゲームの勝ち負けに一喜一憂する必要も全くありませんよ。とにかく楽しみ、今以上にサッカーを好きになりましょう。

次にカテゴリーを移しましょう。
U-13。ジュニアの時に大活躍してくれた年代です。そして、そこに外部からの優秀な選手たちが16名加わってくれて毎年のごとく30名でスタートできました。外部から入団してくれた16名たちは、最初は新鮮な仲間たちとも出会い、今までゲームをしたことのなかったチームとのゲームの数々で楽しさだけだったでしょう。しかし、これからは違います。挨拶や、言葉使い、目上の人たちとの接し方、いろんなことを勉強しなければなりません。もちろん、サッカーが上達することが1番ですが、そのためには先ほどのこともセットで身につけていかなければいけませんよ。これから中学生としての厳しいTRがまってますが、みんなが思っているより中学生サッカーはあっという間に終わってしまいます。悔いの残ろないように常に全力で取り組みましょう。そして30人全員でNO1チームを目指しましょう。

次にU-14.
中学生サッカーを1年間経験しました。平日のハードなTRに土日のTR-M。非常にハードの1年だったと思います。しかし、この1年間で間違いなく着実に成長しました。来年の今頃はTOPチームです。今以上に頑張らないといけない学年になります。そのためには、今年の1年を最高に大事に過ごし来年につなげてほしいと思いますね。力のある学年ですよ。その自覚をもっともっと持ってもらい今以上に自己研鑽して努力をしてほしいと思います。また中学2年生というのは、ちょっと道にずれる可能性も出てくる学年です。もちろんコーチもかなり厳しく接するようになります。しかし、コーチがミーティングで言ってることが理解できていれば、サッカーに100%目を向けれるはず。そして素晴らしい学生生活も送れるはずです。何度も言いますが、しっかりやりなさい。これにつきます。みんなはもうわかってるよね。

U-15
最終学年に突入しました。質の高いサッカーをしていますが、リーグ戦はまさかの3連敗。彼らの力から考えると???でした。しかし、18日から始まるトーナメントと引き続き行われるリーグを目標にこの春は、最高のコンディション作りと高校生とのゲームをメインにチームつくり及びコンディション作りに重点をおきました。まあその甲斐あってか、現在は最高のコンディションじゃあないかなあ。こないだ揉んでいただいた関一高校とのゲームでも勝敗はもちろん勝てなかったですが、私から見るとほぼ完ぺきなパフォーマンスでした。FWからの守備のための激しいチェイシング及び運動量。中盤4枚の連動していた守備と運動量、DFライン4枚のラインの作り方及び運動量。どれもこれも完璧でした。現時点では、高校生がそれらを上回るスピードとパワー、技術があるのでやられてしまいましたが。。。ただ、ポイントポイントでは、FW2枚が1対1で高校生を翻弄していたり、中盤では2年生が労を惜しまない運動量とパワーで根を摘みに行きバランスを崩さしたり、そしてバランサーの選手がシンプルなボールタッチでショート脱出できていたりと、随所に見どころ満載でした。また、DF陣に関しても、速さや運動量がすさまじい相手FW選手と対等のスピードでマッチアップしていました。私も見ていて、なんでこのチームが開幕3連敗なんだろう。。と、つい雑念にふけってしまったわけですが(笑)

ゲーム終了後には、相手監督からもいい言葉をいただきましたよ。それくらい出来は良かったんですよ。何回も言いますが、やはり今年のチームはコンディションが整えば高校生相手でもここまでできるということです。この5期生は、まさしくコンディション次第ということになりますねえ。まあここまで負けもしましたがいい経験を負けてたくさんしました。ここからは必ずやってくれますよ。皆さん大いなる期待をしておいて下さいね。頑張っていこう。

という感じで春休みをやり過ごしてきました。この期間内の保護者の皆様のご理解ご協力、本当に感謝します。これからまだまだ戦わせますので今以上のご理解、応援を宜しくお願いいたします。

FROm KN


posted by KN at 17:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。