2015年05月09日

関西大会出場決定☆☆☆

みなさんこんばんは。KNです

今日は、またまた選手から大きな感動をもらいました。標記の通り、初の関西大会出場が決定しました。素晴らしかったよ。。。君たちは。。。

早速その内容に行ってみよう

本当に本当に厳しい相手でした。まさしくΓ上手い」という言葉がぴたりとはまる相手でした。ただね、彼らもここまで上手い、強い、速い、という相手とは山ほど戦ってきたので、気後れする必要は全くありませんでした。現に、開始早々から我がチームが主導権を握りました。素早い寄せから、シンプルにボールを動かせ、いい体勢でのボールコントロール、パスを目指しました。今日もそうですが、相手と我がチーム。色がはっきりと分かれました。または、分かれさせました。そしてうちのペースにもっていく。ということです。序盤はこのペースがはまり、チャンスもあり危ないシーンも何度がありの一進一退の攻防となりました。ただ、選手もそうですが、開始から15分でこのゲームは何とかなると確信したんではないでしょうか?私は確実に確信しました。

そしてまずは最初の歓喜が訪れました。バイタルあたりでドリブルで仕掛け相手からファールをもらいました。そして、そのシュートがバーに当たり跳ね返ったところをプッシュの先制ゴール。素晴らしい攻撃でした。いつもなら、この時間帯の先制ゴールは、より気を引き締めさすもですが、今日は違います。選手の勢いが違いましたし、何よりも気迫が伝わってきました。よって相手の攻撃を怖がらず、今まで以上に高い位置で攻守にわたってチャレンジさせ続けました。これは結果論かもしれませんが、後半この勢いてサッカーを進めれれば絶対に相手は足が止まると確信していました。そこが最後の勝負所です。

上記に話した通り前半は、チャレンジチャレンジの連続で押し続けました。結果なんとか1−0で折り返すことが出来ました。ナイスゲームでした。戻ってきた選手たちの顔色も見ても自信満々でした。これは後半も期待が持てると確信しましたよ。

そして後半開始ですが、やはり相手も勢いを武器に前半ほど手間暇かけずTOPにどんどんボールを入れてきました。それは大方わかっていたので相手の1TOPをつぶすように指示を出していたのですが、なかなか捕まえ切れませんでした。相手の動きの質が高かったと思います。下がったりひいたり上手く駆け引きしていました。よってそこを起点に怒涛の攻撃を10分ほど喰らいましたよ。ただし、ここを我慢すれば絶対に局面が変わると思っていたのでここは辛抱させました。そして、その波をようやく抜けた10分過ぎからまたまたカウンターやショート脱出によってチャンスをつかみ一進一退にもっていきました。本当にここまで順調すぎる戦い方でしたよ。

しかし、ここで落とし穴が一つありました。左サイドからの何の変哲もないアーリークロスをDFが、お見合ってしまいました。それを頭で合わせられました。ここまで完璧にエアーバトルに勝っていたのに。。。まさに一瞬の出来事でした。しかし、難しいゲームではよくあることです。ここから気を取り直してやることの方が重要です。その点では選手たちはわかっていたみたいでガタガタ崩れることは全くなく、今まで、いやそれ以上のパフォーマンスで駆け抜けていました。そんなことで時間が刻一刻と過ぎていきました。私は彼らの勝負所を探っていました。はっきりと覚えていたのですが、残り17分でした。ふと相手選手をみると2人くらい膝に手をついていました。勝負所を決めましたよ。残り15分で快速2年生を投入。(その間にタイムリーなのかどうか左選手が痛んだのでちょうどいいタイミングでもありました)そしてさらに運動量を上げさせバイタルからの徹底的なドリブルチャレンジに切り替えました。案の定快速ウィングが振り切り、2TOPがぐりぐりドリブルで突進。本当に迫力がありましたよ。最後の15分は完ぺきに運動量で相手チームを凌駕しました。彼らはまだまだいけます。これ平日TRのたまものです。

ただ、残念なことに責め立てましたがGOALを割ることが出来ずタイムアップ。PK戦へと移りました。ここでのHEROは確実に小兵2年生GKでしょう。多分身長が低いので相手は、言葉は悪いかもしれませんが、なめていたと思います。しかし、そこが私の狙い。相手は彼が横の動きが非常に速いのを知らない。PKというのはそう簡単に神様コースになんて狙えない。絶対にサイドキックで両脇に狙ってくると思ってました。ぴたりでした。ナイスGKでした。素晴らしかったぞ。結局いろいろありました(笑)が何とかPK4−3で勝利でした。

終了後選手たちとハイタッチしましたが、その顔は涙でぐちゃぐちゃな選手もいれば、最高の笑顔の選手や、本当に勝ったんだなあと、なんか遠いところを見ている目がありました。それらを見ていた私もここまでの彼らの苦悩や頑張り、努力を目の前で見てきてるもんですから、さすがに我慢できませんでした。保護者の皆様も涙してくれていたし。本当に素晴らしいゲームをしたんだなあと改めて選手たちには最敬礼です。

今年のチームは、何かに取りつかれているのか?と思われるほどけが人が続きます。今日のGkをはじめ予定していた選手が発熱によって休み。本当にリーグからまともにベストが組めない状況。でもね、ここでただで転んではもったいないと、いい意味で開き直りました。そしたらメンバーのだれを出しても今日のようなサッカーがこの選手権前くらいから出来るようになりました。2年生も4名メンバーに入れましたが、かれらも急成長。本当に厳しい出来事をその裏のいい出来事に変えることが出来ました。これは私は指導者としても本当にいい勉強になりました。メンバー全員がまさしく大きく育ってくれました。この大会も全員で勝ち取ったといっても過言ではありませんよ。本当にいい気分だよねえ。

今日までは選手みんなは余韻にしたりましょう。そしていつも通りですが明日になればすでに過去です。本戦に向けての準備で切り替えないとはいけません。今一度気持ちを締めて今一度足元を見直し準備したいと思います。頑張っていきましょう。

最後に保護者の皆様。
今日は本当にたくさんの保護者の皆様の応援ありがとうございました。選手たちの大いなる力になりました。勝利した時の皆さんの喜びようは私は忘れることはありません。こんなに歓喜していただいて、応援していただいて。。今度は本戦で今日以上の感動が出来るように頑張っていこうと思います。みなさん宜しくお願いいたします。

FROM KN


posted by KN at 22:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。