2015年07月06日

6年生ライフカップ地区予選代表決定戦。

みなさんおはようございます。KNです。

昨日は、標記公式行事でした。

結果は、
準決勝2−0
決勝9−2
よって南河内代表に決定。そして中央トーナメントへ。

まずは本当におめでとう。そしてお疲れ様。

ゲームの内容に行きましょう。初戦に至っては終始ボールを支配していましたが、ゲームは支配できていませんでした。(少し難しいコメントですが)結局サッカーはいかにして点を取るのか?というスポーツ。いくらボールを支配していてもゴールに向かっていくプレーがないと結局自己満足の世界で終わってしまいます。判定勝ちなど存在しないわけですから。。。なるほど引いて守る相手に対して9割がたは支配していました。しかし、ゴールに向かっていく迫力がなかったために、ことごとくチャンスを外し続けました。そして迫力がないために普段では考えられないようなミスを繰り返したり、頭を働かす部分でも間違ったチョイスをしてしまったり。。何もかもがちぐはぐでした。まあ唯一褒められる点は、そんな中でも勝ち切ったということでしょうか???決定戦の初戦です。緊張もあったでしょう?いろんな要素が加味されてしまったファーストゲームになってしまいました。

そんなことを経ての決勝戦です。まあファーストゲームのラスト10分くらいは、次第に彼ららしいサッカーがやれ始めていたのでこの決勝は、今までの積み上げてきたものが出てくるだろうと思っていました。ゲーム前のアップも選手だけで任せていましたが、普段通りの何の違和感もなく体の切れも戻っていました。
そしてゲーム開始でしたが、スタートからほぼ完ぺきな内容。寄せる、奪う、運ぶ、そしてこれにこのゲームに関しては、賢さも加味されていました。とにかくボールが良く動いた。広さや深さ、時にはドリブルチャレンジ、くさびのプレーからの2枚目の飛び出し。何もかもがTRでやっていること。水を得た魚のようなサッカーでした。現在の彼らの力からすると85%は出せていたんではないでしょうか?

彼らには敢えて、私自身いつも現U-13と比較するのですが、半年前までは到底先輩たちには足元にも及ばないチーム力でした。しかし、ここへきてΓ勝るとも劣らない」チームへと変貌しました。いや、昨日のサッカーを見たら、今後先輩たちを凌駕する勢いでした。まあこれもそれも普段のTRを真摯に取り組んできたたまものでしょう。私に怒られ倒し、厳しいTRを課してきました。いや、それだけではありません。サッカー以外の礼節なども非常に厳しく接してきました。すべてトータルした結果が現在ではないでしょうか?

しかし、彼らの真価が問われるのはこれからです。まだまだ成長を止めてはいけません。ジュニアユースまでまだまだ9か月間。さらに大成長できるように、今以上に、真摯にサッカーに取り組もう。おのずと結果はついてきます。私はいつも思ってます。人生はチャラです(大阪弁ですが、笑)いいこともあれば、必ずその裏の悪いことも起こってしまいます。しかし、そこは努力で少しでも悪い面が出ないように努力しようということです。そこに人間性が出てくるし、成長があります。

最後に、昨日もたくさんの保護者の皆様、または別カテゴリーの保護者の皆様の応援、本当にありがとうございました。おかげさまで今年も6年生はΓいつもの場所、ともにいこう」戻ってくることが出来ました。今後ともスタッフ、選手、保護者の皆様の協力理解 一致団結で頑張ってまいります。今後ともFC.VOLENTE大阪すべてのカテゴリー宜しくお願いいたします

FROM FC.VOLENTE大阪 代表 中原清志


posted by KN at 08:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。