2015年10月05日

U-14神戸遠征!(U-13の選手7人含む)

みなさんおはようございます。KNです。

昨日は標記TR-Mでした。

新チームになってまだ幾日しかたっていませんが、今年のU-14トーナメント(10月31日開幕〜)は大会形式が変わり、予選はリーグで、そして勝ち上がりトーナメントとなりました。リーグになってゲーム数が増えるので非常にいい大会になりそうです。そして、毎年行われていたアドバンスリーグプレはなくなります。私としては賛成ですね。昨年まではプレリーグを戦いながらトーナメントも入ってくる、そしてメインのアドバンスリーグが入ってくる、そしてたたみかけるように関西大会の予選が入ってくる、万が一関西大会に出場したチームは、1ヵ月ほど関西大会に取られますので、どうしても8月の一番厳しい時期に詰め込んだ日程でアドバンスリーグを戦わなくてはいけない。という流れになってしまいます。

今年のボランチ大阪は関西大会出場を果たしたので、もろに上記の日程にはまってしまいました。言い訳になるかもしれませんが、8月の酷暑のリーグでは100%のパフォーマンスを発揮することが出来ず今年のU-15の力から言えば、このリーグだけは不本意な結果が待っていました。(蓄積疲労が抜け切れていなかったため)私が見た限りどのチームも関西大会以降パフォーマンスが明らかに落ちているように見えました。チーム関係者に聞いてみても怪我人も増えているとのことでした。まあこれらに関してはいろんな考えがあると思いますので、私の考えが一概にも〇とは言えませんが、過密日程だったことだけは確かでした。

まあ少し横道にそれましたが、9月の26日(土)〜本格的にスタートを切りましたが、ここ数年のこの時期から言えば格段に仕上がりは順調ですね。なんせ例年は、先ほどにも言いましたU-14トーナメントでは全くいい印象がありません(泣)2回戦が勝つのがやっとだったんではないでしょうか??(笑)

ただし、今年からは少しイメージを変えて例年より早くチームを作っているので期待できると思います。とにかく今年は、フィジカルが強い学年なのでこれらをベースに作っていますが、ただし、大阪のジュニアユースはそれだけで勝てるほど甘くありません。現に、現高校1年生の学年の時は、大きくフィジカルが強かったのですが、夏前ごろには対応されてしまい、いい結果は出ませんでした。(内容はよかったのですが)それらの反省も含め、+柔らかさ、賢さ、このあたりを構築中です。

そして、それらを試すのが土日の実戦ゲームなのですが、ここまでは順調に来てます。昨日の相手も関西では常連チーム。非常にテクニカルで粘り強い。簡単にはゴール前ではさせてくれなかったですよねえ。攻め込みますが、割には決定的なプレーの数は少なかった。ということは、まだまだポイントで上手く粘られています。またそれらをこじ開ける、技術、戦術眼、がないんでしょう。

まだまだやることは山積ですが、とにかくこれだけはいえます。確実に例年よりも順調です。前にも言いましたが、このU-14トーナメントで現在の彼らの位置を確認しましょう。そして確認後、それらを改善しさらに前進し、しかるべき目標大会に向かっていきましょう。

FROM KN


posted by KN at 08:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。