2016年05月05日

5月5日U-13,U-14TR-M

みなさんこんばんは。KNです。

今日は、標記TR-Mを見ることが出来ました。
このGWシリーズ。はっきり言って疲労困憊でしょう。
しかし、だからと言って戦わないのか?というと、そうではないはずです。

というような趣旨のミーティングからスタートしました。
今日もU-13,U-14非常に力のあるチームでした。

まずは、U-13ですがFC.VOLENTE大阪の選手となって約1か月が経過しますが、ゲームをやるたびに
チームになってきています。今日も速くて上手い相手でしたが、どの場所でも数的優位を作り、
奪い、運び、ゴールに迫っていました。数々の得点が生まれましたが、ほとんどが中盤を経由しての
ものでした。ということは、しっかりとボールを守れている、ボールを動かせている、味方との距離感がいい、
といった証拠です。

将来的にも、足元の技術やボールの動かす技術、いいポジションをとる技術、いろんな技術が必要です。
今日のような厳しい相手にでも常に余裕を持った、自信の持った、プレーが,クレーコートであろうと、人工芝、天然芝
であろうとできるようになっておかなければなりません。そして、勝負のスパイスは、Γ我」です。負けてたまるか。俺がやってやる、
みたいなところを常に持ってないと勝負事には勝てません。ましてや大事なゲームはものにできませんよ。

あと2年間でしっかりと積み上げていきましょう。

U-14

非常に成長を感じました。
先ほどのU-13の時にも触れましたが、厳しい相手にでも自分たちのプレーが出来ていましたよ。それは、厳しいプレッシャーの中でも
ボールを失っていなかったということ。それは非常に大事なこと。そして、相手も力があったのでバチバチのぶつかり合いにもなりましたが、
これまた先ほどにも触れたΓ我」が常に出ていました。まさに戦っていたということです。そうなるとこの学年は非常にΓ強い」と思います。(いろんな意味で)

U-13もU-14も最後は今日一日光ってた選手11人ピックアップして戦いましたが、完全に支配したと思います。まさに、心・技・力 ではないかなあと思いますね。
両カテゴリーとも今以上の目標をもって常に戦いましょう。それらを日常化しましょう。そうすれば輝かしい未来が待っていると思います。

しかし、今日一晩素晴らしかったのは、サッカー以外でした。今日のグラウンド設営はU-13でしたが、完璧でした。私が言ったころには、ほぼすべての準備が整っており
全員が、いろんなところの仕事を見つけ散らばりスピーディーでした。夕方の片づけは、U-14でしたが、これも完璧。誰一人としてボケることなく俊敏にあっという間に
片付いていました。

私がいつも言うこと。サッカーが出来てもサッカー以外のことが出来ない選手は、ゲームに出ても絶対に裏切る。裏表のある選手はどこかで必ずメッキが剥がれる。

これらは私自身もそうですが、選手たちにはサッカーと同等かそれ以上に教育しています。目指すところです。

今日の行動を忘れず常にみんながリーダーとなり率先して何事にもチャレンジできる選手及び学生になってほしいと常に願っております。

今後も頑張っていこう。

FROm KN


posted by KN at 21:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。