2016年05月15日

6年生ライフカップ南河内予選

みなさんこんばんは。KNです。

今日は標記公式行事でした。

結果は、1−1のPK負けです。よって6年生のライフカップは本日で終了です。

選手たちには非常に悔しい敗戦に違いないと思います。中央でベスト4を目指していたのでその思いもつのることでしょう。
実際手前味噌ですが、その可能性もあったと思います。しかし、今日の敗戦となってしまいました。

まずはないように触れてみましょう。相手も伝統のあるチームです。前半は、必ず前掛かりで仕掛けてくると思っていました。
実際その通りでしたので、クレーコートということもあり、いつものポゼッションは封印して今日は素早く、TOPにボールを集め
そこを起点に攻撃のスイッチを入れさせました。また前半は風下ということもあり0−0でOkのゲームプランです。

実際プラン通りゲームは進みました。そして、後半ですが風上だったということでラインを前半以上に高くとらせ相手にプレッシャーを
かけ続けさせました。彼らのペースでゲームは進みましたが、10分くらいでまさかの落とし穴がありました。まあ致し方なしです。
ここで1失点しました。ただ、焦らず慌てずプラン通り。相手の足が止まり始めたラスト10分。右アウトサイドの選手をTOPにもっていき
攻撃の幅を作らせました。このパワー、スピードとも申し分ない2枚で怒涛の攻撃を奏で裏に抜け出し、同点ゴール。そして追加点の
匂いもしましたが、粘られてしまい、PKにもつれ込み敗戦という結果でした。

まあざっとお話ししましたが、4年ぶりにライフ中央の道は閉ざされてしまいました。が、昨日と打って変わって今日は選手たちは非常に良かったんですよ。
(やはり先日はただの緊張から来る低調なゲームでした。)負けはしましたが、もちろん相手があってのことで相手も全力で頑張っていたので物語のようには
事は進みません。相手を褒めるべきでしょう。勝ち続けることがいかに難しいことか、身に染みたところでしょうか???

しかし、今日は選手たちの確かな成長が見えたことは間違いありません。TOPの選手の速さや迫力は今後は今以上の武器になるでしょう。中盤の両ワイドは
先日とは打って変わって切れのある動きに変わっていたし、収めところもGOODでした。ただ、真ん中の選手の切れがやはりいまいち低調でした。それはTRでも
いつも言ってますが、DF力が非常に弱い。敢えて彼には厳しく言いますが、去年、一昨年のセンターは球際も強かった。中学年代に向けても彼が絶対に向上しなければ
いけないことです。左サイドの5年生。まだまだフィジカル的には弱いが、足元の技術と判断でよく戦ってた。右サイドの選手は昨日はかなり厳しめにコーチに言われたよね。
今日は素晴らしかった。速さ、強さを、活かしてたね。君の特徴はそこなんだから常に出さなきゃ。そしてセンター。キャプテン。久しぶりに粘っこさを見たし、何より空中戦の
打点が高かった。怪我をしてからいまいちのプレーに終始していましたが、今日で復活の感覚を戻してほしいね。まだまだ強さや、逞しさ、空中戦の強さが必要ですよ。
君が目標とするU-15の選手を超えるためには。。。

また、ラスト10分に真ん中の選手が右アウトにいき、右アウトの選手が、TOPに入ってからは、攻撃の圧力は一段と増しました。これは中央用にとっておいた武器だったのですが
よもやのお披露目でしたが、非常に迫力がありました。今後のチームの更なる武器になるだろうね。

今日は負けてしまいましたが、彼らが中学年代で大きく成長するだろうなという手ごたえは十分でした。その為に日ごろからのTR,TR-M、公式行事、全ては次のカテゴリーでの
成長の為。今日の負けを前向きにとらえて、次の全日リーグでさらに成長している6年生であってほしいと思います。大いに期待してますよ。

※ここで番外トークを一つ。負けた後もひょっとすればコーチ、以外にあっさりしてるねえ。と、映った保護者もいたんじゃないかなあ。説明しておきますね。うまく伝えられるかどうかはわかりませんが、確か6年前。現高校1年生の時代ですが、この地区予選ですが、素晴らしいサッカーを奏で圧倒的にボールを支配し
ゲームもコントロールしました。しかし、代表決定戦でPKで敗れ去りました。その前の学年でもそう。たった1本のシュートが入ってしまい敗北しました。サッカーは一方的に押しまくっていましたが、
それらの敗戦後は、3日間は私の頭からそれらのシーンがフラッシュバックしていました。私も生粋の負けず嫌い。悔しくて仕方なかったんでしょうねえ。

しかし、それらを乗り越え現中3年生から、ずっと連続で出てきてΓ勝ちなれ」みたいなものがあったのかもしれません。今日の敗戦が悔しいのは間違いありません。しかし、私自身
既に次のところに目が行ってるのです。この感情は、6年前とは違いチームに余裕が出てきたんだなあと思います。昔はとにかくこの選手たちをあの舞台に出してやりたい。この感情
一本だったと思います。しかし、今は私自身も含め、いい意味でのチームに余裕が出てきました。負けてしまったけれども今後につながる素晴らしい経験になったと思えるようになりました。これらによって選手たちが成長してくれるならうれしい限りですよ。

とにかく選手たちは、いい成長ラインを描いているということ。明日からは、本当の意味で切り替えて次の成長ステージにいきましょう。Γ負けて兜の緒をしめろ」です。

久しぶりに長々の長文でした。

今日応援に来てくれた保護者の皆様、ありがとうございました。結果は残念なものですが、この悔しさを全日リーグに生かしましょう。
そしてまだまだ成長しましょう。楽しみに取っておいてくださいね。

ΓサッカーTRは常に、真摯で謙虚でなければならない」 by 代表

FROM KN


posted by KN at 20:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。